ゲーム系プロデューサー、ディレクター、デザイナー、エンジニアなどゲームクリエイター専門の案件情報メディア(派遣・請負・フリーランス)【GameVillage(ゲームビレッジ)】

【GameVillage(ゲームビレッジ)】

ゲーム3Dデザイナー必見!フリーランスでも仕事が途切れないノウハウ

<span class="tag_freelance">ゲーム3Dデザイナー必見!フリーランスでも仕事が途切れないノウハウ


スマホゲーム業界で働きたいけど、業界での実務経験がなく、正社員で雇ってもらうのは難しいと思われたことはありませんか?

ゲーム業界で3Dデザイナーはなくてはならない人材です。
しかし、

「実際どんな仕事内容かよくわからない」
「フリーランスとしてどうすれば活躍できるのか知りたい」

と、悩みを抱えていませんか?

そこでこの記事では、3DCG制作に関わる3Dデザイナーの仕事を徹底解説します。
また、フリーランスの3Dデザイナーに求められること、フリーランスとして活躍し続けるためのノウハウを紹介します。

なぜフリーランスにも3DCG制作の仕事があるのか?

フリーランスになろうと考えているあなたにとって、仕事があるかどうかはもっとも重要な点ですよね。結論から言えば、フリーランスにも3DCG制作の案件はたくさんあります。

では、なぜフリーランスでも、3DCG制作の仕事があるのでしょうか?それは、技術進歩によって、ゲーム内の作り込みが細部にまで渡るようになったからです。

例えば、野球ゲームやサッカーゲームを思い浮かべてください。
少し前までは、キャラクターの動きは一定で観客席にいるキャラクターは大きな塊で動いていました。
しかし、近年のゲームはどうでしょう?観客席にいる一人一人のモブキャラクターまでもがしっかりとした一人の人間として描かれ、さらに多様な動きをしています。技術進歩によって映像が格段に綺麗になった分、そういった細かい部分の制作が増加しました。

そのため、自社で作成しきれない3DCG制作をフリーランスや派遣へ依頼しているのです。

実は3Dデザイナーの仕事は分担作業である

3Dデザイナーの仕事は細分化がされ分業が進んでいます。3Dデザイナーといっても、行なっている業務によって次のような呼び名があります。また、企業などによっても微妙に呼称は変化します。

モデラーリガーモーションアニメーター3Dエフェクトデザイナー3D背景デザイナー

このように、3Dデザイナーは一人で全ての作業をするわけではありません。
なぜこのように、工程ごとに分かれているのでしょうか?

3DCG制作は、専門性が問われる仕事であり生産性が求められるからなんです。
専門性や生産性アップには、各作業が細分化されている方が効率的です。特にフリーランスには、高い専門性や生産性だけでなく即戦力が求められます。
3Dデザイナーの業務フロー・3D背景デザイナーの業務フロー

3Dモデラー

3Dモデラーは、キャラクターデザイナー、背景デザイナーなどが描いた人物やアイテム、建物など平面のデザインを立体的に作る仕事です。この職種は一般的に『キャラモデラー』『モデラー』『3DCGデザイナー』などとも呼ばれます。

ゲームの世界観を作るために、デザイン画を忠実に再現する重要な役割です。
また、人や建物の大きさのバランスなど、よりリアルで見栄えのいいグラフィックを作成することが求められます。ゲーム業界では「ローポリ」「ハイポリ」と言われる二つの種類があります。「ポリ」とは、ポリゴンの略で、「ロー」「ハイ」は英語のLowとhighです。

ポリゴンとは、3Dグラフィックスで立体表現する際に使用されるキャラの複雑さを示す指標です。ポリゴン数が高いほど細かで複雑な表現が可能です。

スマホのキャラクターでは、平均的に3000ポリゴンで制作されます。PS4の場合、約2万ポリゴンで作成されています。スマホの性能が高くなっているので、スマホでもポリゴン数が年々高くなっています。

フリーランスの3Dモデラーに求められるもの納期の厳守仕様に沿って作る決められた仕様、ポリゴン数が少なくても美しく動かせる生産効率が高いローポリもハイポリもできる日本人に愛されるデザイン

3DCGの世界は、いかに現実世界に近づけるかが大切です。そのためサイズのバランスや見た目のリアルをどこまで追求できるかが鍵となります。また、リアルタイムレンダリングの場合、それぞれの現場で使えるメモリ量は決まっています。ポリゴン数を高くすれば、綺麗にリアルなグラフィックが作成できます。しかし、どれだけメモリを節約して美しい物を作るかが求められます。メモリ消費は少なく、グラフィックは美しく作成できるかが腕の見せ所です。

また、素晴らしい作品を作るのに時間は必要ですが、制作する数と納期は必ず決まっています。凝りすぎて数がこなせなくなっては意味がありません。時間と品質はトレードオフの関係ですので悩みどころではありますが、プロのフリーランスとしては時間、納期厳守が必須となります。近年のゲーム業界では、制作する素材が膨大なためそのノルマをこなすのもフリーランスとしての価値になります。

さらに、日本人に愛されるデザインでなくてはいけません。スマホでゲームができるようになってから、ますますゲーム業界の厳しい生き残り競争が激しくなりました。

その上、無料あるいはとても安い金額で遊べるゲームは世の中にあふれています。「わざわざお金を払ってゲームを遊び続けてもらう」ための工夫が重要です。
そのためにはゲームそのもののクオリティや楽しさも大切ですが、日本人に愛されるデザインが必要です。

違和感がない馴染みがあるテイストキャラクターを好きになれるかキャラクターに感情移入できるか

など、デザイナーが満足するのではなく、ユーザー目線を身に付ける必要があります。
今まで流行ったゲームはもちろん、商品や本、雑誌などを分析して以下の点を言語化できるとさらに自分のスキルが磨かれます。

なぜこのデザインが採用されたのかなぜユーザーに受け入れられたのか

また、このような分析をすることによって、あなたの引き出しが増え様々な案件に柔軟に対応できるようになります。
3Dモデラー

リガー

リガーとは、キャラクターを動かすための仕組み(リグ)を作る仕事です。モデラーが作ったキャラクターやアイテムなどに動きをつける前の準備作業です。

モデラーが作成したキャラクターやアイテムなどは、例えるなら粘土で作った人形です。
表情もなければ、色もありません。そこにまずテクスチャーを貼っていきます。木であれば木の、服であれば布の質感や素材が違いますよね。テクスチャーとは、キャラクターやアイテムなどに質感や素材感を演出する素材です。

次に、ボーンと呼ばれる動きの軸を追加していきます。ボーンはいわゆる骨です。人間も骨を基準として動きますよね。ボーンも人間の骨と同じ役割を持っています。
次にウェイトといって、可動領域を設定します。腕の動きや足の動きなど、どこまでどんなふうに動くのかを設定します。このボーンとウェイトを設定することを『セットアップ』『リギング』『ウェイト調整』などと言います。

この段階のキャラクターは、基本的にコントローラーと呼ばれるもので制御できるように作成されます。セットアップが終わると、アニメーターが動きをつけます。セットアップで重要なのは、アニメーターが直感的にキャラクターを動かしやすいように作成する必要があります。

また、セットアップ作業は、ポリゴン数が高ければ高いほど細かく複雑になっていきます。

例えば、指の関節一つ一つや口や眉の動きにいたるまで作成を行ないます。

フリーランスのリガーに求められるもの

質感や素材感がよりリアルかアニメーターが直感的に動かしやすいか重くないか多彩な表現にたえることができるか

セットアップは、キャラクターやアイテムなどに動きをつけるための準備段階です。

人型のキャラクターならより人らしい表情や動きが求められます。複雑で細かな作業が必要になるため、根気と細かな部分へのこだわりも必要となってきます。また、次の工程でアニメーターが動きをつける作業が入ります。次のアニメーターへ作業をつなぐために、セットアップではわかりやすさや動かしやすさなどの配慮も求められます。

モーションアニメーター

モーションアニメーターとは、モデラーが作成したモデルを実際に動かし、動作をデザインする人です。

このモーションを作成するデザイナーは『3Dアニメーター』や『モーションデザイナー』とも呼ばれます。モーション作成には大まかには『モーションキャプチャー』『手づけ』の2種類があります。モーションキャプチャーとは、人がセンサーなどをつけて動き、それを記録します。映画などの複数のキャラクターが同一画面で動くハイポリでよく使われる方法です。手づけとは、マウスなどで動きを作っていく方法です。

この方法は、動物やモンスターなど架空の生き物で人が再現できないキャラクターなどで使われます。

フリーランスのモーションアニメーターに求められるもの

アニメーターとしての基礎知識ゲームの世界で映える動き(アニメーション)か作成された素材に適合する動き(アニメーション)を作成する動きが多彩か生産性が高い

モーションアニメーターは、ただ動くのではなく、遊ぶユーザーがワクワクするゲーム世界特有の動きを作成しなければいけません。

現実世界ではオーバーな動きでも、ゲーム世界では必要な場合もあります。また、作成されたキャラクターなどの設定に沿った動きを一つ一つ作成する必要があります。設定に合わせつつ、いかにドラマティックなアニメーションを作れるかがモーションアニメーターとって重要なスキルです。

モーションを作成するキャラクターなどが大量に必要になるため、生産性が求められます。それだけではなく、キャラクターの動きが多彩でなくてはいけません。それをクリアできるフリーランスは、非常に重宝されます。

リガー

3Dエフェクトデザイナー

エフェクトとは、爆発、水の泡、魔法などの特殊効果を追加することです。例えば、攻撃をした時、魔法を唱えると現れる魔法陣、霧や雨や雷などがエフェクトです。ゲームの世界では、このエフェクトによって映像が華やかに彩られていきます。世界観や臨場感を作る上で、欠かすことができない演出方法です。

しかし、案件に対してエフェクトが作成できる人材が不足しています。そのため、エフェクトが作成できるフリーランスはニーズが高まっています。一方で、3Dエフェクトを学べる専門の学校は、かなり限られています。2019年現在日本にはエフェクトを専門に教えてくれる教育機関はなく、一部に特別講義として短期の講座があるものの、3Dエフェクトについて学ぶためには、現場で力をつけていく方法が主流になっています。

フリーランスの3Dエフェクトデザイナーに求められるもの

エフェクトの基礎知識物理現象の理解力求められる効果をアウトプットできるUnity UEなどのゲームエンジンでのエフェクトの制作、組み込み各種エフェクトツールの使用実績色彩感覚

エフェクトには色によって効果の意味が決まっていたり、現実世界でも発生する物理現象の理解が不可欠です。

それを理解した上で、よりゲームの世界観に沿ったエフェクトを作成しなければいけません。また、発注は基本的にテキストベースでの仕様になるため、クライアントがどんなものを求めているのか理解する力も必要です。

3D背景デザイナー

3D背景デザイナーとは、3Dゲームの世界観やストーリーに沿ってビルやオブジェクトなどの背景を作る仕事です。

ゲームの世界観を作り込み、ユーザーをゲームの世界へ引き込む重要な役割です。3D背景デザイナーが作るグラフィックによって、ユーザーに与えるイメージやインパクトが大きく左右されます。ゲーム背景デザインは、一つの世界を作り上げると言ってもいいでしょう。キャラクターが住み息づいている世界を形作るため、高いクオリティが求められます。

また、技術進歩によりスマホでもゲーム機でも細部までの作り込みが必要となってきました。

そのため、よりリアルでユーザーの想像力を刺激し、ユーザーをゲームの世界観に引き込むスキルが必要です。3D背景デザイナーはまず、ゲームプランナーの作った企画書の背景やゲームステージの設定文章に基づいて、背景の『ラフデザイン』を作成します。

次にラフデザインを立体的に形作る『モデリング』を作成します。モデリングは、ゲームの世界観を表現するための基礎となる重要な作業です。仕様に忠実であり、ユーザーがゲーム世界を楽しめるクオリティが求められます。

そして、作成したモデルに色や質感を表現する『テクスチャー』を追加していきます。
このテクスチャーのスキルによって、建物がよりリアルに感じられるかが決まります。3D背デザイナーは主にラフデザインからモデリング、テクスチャーまでを作ります。場合によっては、配置まで行うこともあります。配置まで作業する場合、本当に街を自分で作っている面白さとやりがいがあります。

フリーランスの3D背景デザイナーに求められるもの

デッサン力空間把握能力空間構成能力根気強さ

3D背景デザイナーには、様々な物体の陰影や質感などの表現、立体感や距離感などを表現するデッサン力が求められます。

また、物体の位置・方向・姿勢・大きさ・形状・間隔など、物体が3D空間に占めている状態や関係を正確に把握し認識する能力が求められます。この空間把握能力が低ければ、空間を作っていく空間構成能力に大きく影響が出ます。地形・海・空・建物など空間をキャラクターの位置や方向・角度から見える空間を創造する力が必要です。

特にフリーランスの3D背景デザイナーには、空間把握能力と空間構成能力が求められます。この能力が高いか低いかで、制作される背景の質が変わりるからです。特にハイポリになればなるほど、質感や色合い、細かい部分の作り込みなどが必要となります。

そのため、3D背景デザイナーの仕事はかなりハードになります。仕事をやりきるための根気と忍耐力は必要不可欠です。ゲームの印象やユーザーが夢中になれるかに大きく影響するため、3D背景デザイナーは非常に重要なポジションです。

フリーランス3Dデザイナーが使うツールとは

3Dモデラーが使用するツール

3DCG制作の現場では、多くの場合MayaとMaxというツールが利用されています。

Maya

Mayaとは、Autodesk社が提供する3Dグラフィックスソフトウェアです。ゲーム・映像業界・遊技機業界で幅広く使用されています。
また、多くの3Dデザイナーがメインツールとして採用しています。案件でMayaが使用ソフトウェアとして指定されている場合が多く、マストで使いこなせる必要があります。

3dsMAX

3dsMAXとは、Mayaと同じAutodesk社が提供する3Dモデリングおよびレンダリングに特化したソフトウェアです。

こちらもゲーム・映像業界・遊技機業界で幅広く使用されています。日本では、Mayaと3dsMAXが利用されており、ゲームの場合はMayaで問題がないのですが、フリーランスで活躍する為には、環境依存で仕事を失注しない為にも二つは必ず使いこなせるようになりましょう。

https://www.creativevillage.ne.jp/lp/maya_3d/
https://school.dhw.co.jp/
https://www.alchemyschool.com/

3Dエフェクトデザイナーが使用するツール

SPARK GEAR

SPARK GEARとは、SPARK Inc.が開発販売する3Dエフェクトを作成する専用ツールです。700を超えるアニメーションテクスチャや、多数のエフェクトパーツを標準装備しています。組み合わすだけでハイクオリティなエフェクトを作成でき、開発コストの削減や開発期間を短くできます。大手ゲームメーカーも導入しており、注目の3Dエフェクト作成ツールです。

Shuriken

Shurikenとは、Unityに搭載されている3Dエフェクト作成用ツールです。様々な設定を調整することで、炎や煙等あらゆるエフェクトを作成できます。また、無償版の提供もあり、導入コストがかからない点が最大の強みです。

After Effects

After Effectsとは、アドビシステムズ株式会社が開発販売する映像加工編集ツールです。様々なプラグインがあり、ハイクオリティな3Dエフェクトを作成することができます。実写、ゲーム、アニメ、パチンコ、パチスロ遊技機、Web等、幅広い業界で使用されています。

BISHAMON

BISHAMONとは、マッチロック株式会社が開発販売する、3Dエフェクト作成の専門ツールです。様々なプラットフォームに書き出すことが可能で、直感的にエフェクトが作成できるようインターフェースが使いやすく設定されているのが特徴です。ゲーム、パチンコ、アニメ等あらゆる業界で使用されています。

https://www.creativevillage.ne.jp/lp/vfx_studio/
https://looktone.jp/ae_total_course.html

今回ご紹介した代表的なツールは、必ず使えるようにしておきましょう。
ただし、フリーランスの場合、どれか1つのソフトウェアだけでなくたくさんのソフトウェアを使えるようにしておくことをおすすめします。フリーランスに大切なのは、対応可能業務の幅と柔軟性です。

今はご紹介したツールが使われていますが、今後新たなソフトウェアが主流になるかもしれません。また、依頼された案件が今まで使ったことのないソフトウェアだった場合、仕事に支障をきたしてしまいます。いつどんな依頼が来てもいいように、複数のソフトウェアを使いましょう。

海外に3DCG制作の案件が取られているという事実

近年、3DCG業界ではコスト削減のため、制作業務の一部を海外企業、または現地法人へ委託する傾向にあります。特にモデリングでの単純作業は、海外に案件を依頼することが増加しています。

誰でも簡単にできるレベルのモデリング作業であれば、安い単価で大量に発注することによりコストを抑えられるからです。反対にモデリングでも高度なスキルが必要な場合やリグ・モーション・エフェクトなどの業務は、海外に発注が難しい業務となります。精密さや高い専門性が求められるだけでなく、日本人が好むグラフィックが求められます。

例えば、『海外テイストが濃い』絵というものがあります。中国では好まれるデザインであっても、日本人には馴染みのないデザインの場合があります。このように文化の違いによって、絵の良し悪しが変わってきます。海外のゲームを日本に輸入する際、ローカライズだけではなく、カルチャライズも行います。グラフィックのテイストをターゲットに寄せる作業を行うのはそのためです。

※ローカライズ:翻訳することによってゲーム作品そのものを、その国の人々の文化やニーズに適応させること
※カルチャライズ:ゲームの設定やルールを根本的に調査・見直し、世界中の多文化市場および特定地域においても受け入れられるために行う作業

感覚やセンスの問題なのですが、ゲームをユーザーに使い続けてもらうためには重要なポイントとなります。言葉の壁などもあり、言語化しづらい点を感覚で察することができない外国人3Dデザイナーよりも、結果的に日本人に発注する方が効率が良くなります。外注先は、人件費が安く労働力が豊富な台湾や中国を中心とした東アジア圏が主流となっています。

しかし、台湾や中国の人件費が上昇傾向にあり、今後はベトナムやインドなどの南アジアや東南アジア圏へと広がっていくと予想されています。このように単純な作業は、今後さらに単価が安い海外発注が主流となっていくでしょう。こういった業界の動向を理解し、質や専門性を担保し依頼される仕様をどれだけ正確に理解できるかが重要になってきます。

【大前提】フリーランスに求められるもの

フリーランスは、仕事ができれば良いと勘違いされがちです。しかし、それは大きな間違いです。
フリーランスだからこそ、次の4つのことを意識する必要があります。

専門のスキルがあることミュニケーション能力報連相ができる納期を守れる

フリーランスは即戦力が求められます。それと同時に、高い専門性やスキルが求められます。でなければ、海外に案件を取られてしまいます。また、フリーランスは、スキルと自分自身が商品という意識を持ちましょう。いくら専門性が高くても、一緒に仕事をしにくい人にまたお仕事を頼みたいとは思いませんよね。フリーランスは人脈によって、案件を獲得できるという側面も持ちます。人に紹介してもらえるスキルと人柄が必要です。

また、連絡はこまめに行いましょう。連絡もコミュニケーションの一つです。クライアントに不安感を持たせてはいけません。連絡がくれば、出来るだけ早く返信し信頼関係を築きましょう。納期を守ることは、必要最低限です。もし何か問題があって納期を変更する場合は、早めに連絡をとりましょう。当たり前のことですが、なかなかできない人が多くいます。フリーランスにとって、仕事を獲得するために必要なのはスキルや専門性だけでなく人柄でもあります。

フリーランスでも3Dデザイナーとして生き残るノウハウ

人脈形成が大事実績がないなら派遣などでキャリア構築をおこなうSNSなどの繋がりも作っておくポートフォリオをテイスト毎に持つ専門性を身に着ける

3Dデザイナーをフリーランスで活躍し続けるには、人脈が大切になります。一度関係を持った取引先から継続的に依頼がきたり、クリエイター同時の横のつながりで依頼がきたりします。大学や専門学校のコネクションも非常に重要です。

もちろん公募している案件に応募することも大切です。ですが、紹介案件は依頼する側も依頼を受けるフリーランス側もすでにある程度の信頼関係が築けているので仕事もしやすくなります。このように、スクールでできたつながりや仕事を通してつながった縁は大切にしましょう。スクールだけでなく、現場やサロン、SNSなどのオンラインコミュニティに積極的に参加しましょう。

また、ポートフォリオを複数作成することもオススメです。あなたがどんなスキルを持っているのか、わかりやすく伝える手段です。まだポートフォリオがない人は、他の3DCGデザイナーが作成しているポートフォリオを参考に作成しましょう。

しかし、モデリング以降のクリエイターはモデルがなければポートフォリオが作れなかったり、版権の許諾なしにポートフォリオを公開できないという問題があります。さらに、分業が進み自分の担当作業の工程しかできないという問題もあります。

例えば、モーションアニメーターの場合、モデリールを作成しYouTubeなどにアップしてみましょう。

モーションアニメーターがよく就職・転職活動の材料として提出する資料になります。
質の高いショットだけを選りすぐりましょう。企業によって見せる順番や見せ方を変えることもコツです。1分程度の長さで見る側に負担がないようにしましょう。リガーやモーションアニメーターは、モデルがなければポートフォリオが作れませんよね。

そういう場合は、スクールの同期やクリエイター仲間の3Dモデラーにモデルを作成してもらいましょう。出費が必要になる場合もありますが、ポートフォリオがないよりも格段に案件獲得のチャンスがアップします。または、関わった作品のどの部分をあなたが担当したか、伝える方法もあります。

しかし、やはりポートフォリオがあるかないかで、あなたへの評価が大きく変わります。3Dモデラーと同様で、クオリティの高いグラフィックを企業に合わせて選びましょう。そこまでしないといけないの?と思われるでしょう。

しかし、フリーランスとしての実績が少ない場合、あなたのスキルの見せ方が大切です。3Dデザイナーは、グラフィックを作るための仕事です。あなたの技量を証明できる物はアウトプット以外にありえません。

また、どこの企業にも属していないフリーランスにとって、信用を勝ち取るのは企業に属している3Dデザイナーよりもはるかに困難です。あなたを評価するのは、あなたが作成したグラフィックによってしかありえません。

その上、単純作業は、海外に案件が流れているという現実があります。専門性を高め、あなたにしかできないスキルを身につけましょう。複雑で、クリエイターのスキルや判断が求められる作業は海外に発注を行うのが難しい業務です。
このように、あなたに仕事をお願いしたいと思ってもらえるスキルを身につけ、高く評価されるポートフォリオを用意しましょう。

エージェントにあなたの持っているスキルや今後のやりたい仕事を相談してみましょう

最後に

いかがでしたか。3Dデザイナーと言っても、その業務内容は様々です。

しかし、3Dデザイナーに共通して言えることは、ユーザーがゲーム世界へ惹きこまれ楽しめるかどうかを左右される点です。背景からキャラクター、アイテムなど、ユーザーが好きになってくれる世界観を作り出す大切な役割があります。

そのため、それぞれの専門性や知識を高め、高いクオリティのグラフィックをアウトプットしなければなりません。専門性や知識を高めるためには、新しいツールへの順応性も欠かせません。現場によって使われているツールは違いますし、今使っているツールが廃れてしまうかもしれません。ツールだけに関わらず、どんな状況にも柔軟に対応できる適応能力もフリーランスには必要なスキルです。

さらに、フリーランスとして活躍し続けるためには、コミュニケーションスキルとコネクションが何よりも大切です。3Dデザイナーは、横のつながりが非常に強い職業です。紹介によって案件を獲得するパターンも少なくありません。そのため、スキル面や人柄的にあなたを紹介しても大丈夫だという信頼が持てる人材でなくてはなりません。

また、一つ一つの丁寧な仕事ぶりから、継続して仕事を任されれるケースも大いにあります。
このように、フリーランスの案件獲得は、公募されている求人に応募するだけが全てではありません。3Dデザイナー同士のつながりや現場で仕事を評価されることが、フリーランスとしての営業力でもあるのです。

とは言いつつ、フリーランスとして右も左も分からず活動していくのは不安ですよね。そんなあなたには、エージェントの活用がオススメです。
エージェントで紹介してもらえる案件をしっかりとこなして、実績を作るという方法もあります。

エージェントにあなたの持っているスキルや今後のやりたい仕事を相談してみましょう。相談できると環境があるというのは、フリーランスにとって力強い味方です。一番大切なのは、あなたにあった方法を見つけることです。フリーランスとして、活躍できるように道筋を立てて活動をしましょう。

フリーの3Dデザイナー案件が
ここにはたくさんある!!
GameVillageに登録